EPSON SureColor P9550導入

EPSON SureColor P9550

水性プリンタを最新の機種に入れ替えました。


以前のPX-H10000と比べると、新しく紫インクが増色され、またひとつ表現が広がりました。

PX-H10000のプリンタよりヘッドサイズが大きくなって納期の短縮に繋がります。
解像度も以前は、320・640・720・1440・・・となっていましたが、300・600・1200です。
印刷機の線数を意識したのでしょうか?

純正インク12色

12色インクを搭載しています。
黒インクが2色(フォト・マット)あり、どちらか一方を同時に使用できます。
インク11色の表現力でCMYKを超えた色が表現でき作品の表現力を広げます。

特色インクを最大限に引き出すのは、色の指定だと思います。
通常のCMYKで指定した色は、当社ではJapancolorのプロファイルを使用して出力しているので、あまりに素っ気ない色ですが、特色指定で指定すればある程度近い色を指定可能です。

是非、この色域の広いプリンタで作品などの製作のお手伝いをさせていただければと思っています。
是非、協力させてください。

コメントは受け付けていません。